英語
日本語
小説家 ジョージ・A・バーミンガム
参考文献 | (1)バーミンガムを扱った研究書・書籍 | (2)バーミンガムに関する研究論文・小論 |
(1)バーミンガムを扱った研究書・書籍

Lottie McManus, White Light and Flame: Memories of the Irish Literary Revival and the Anglo-Irish War (Dublin: Talbot, 1929)

著者シャーロット・エリザベス・マクマナス(1850-1941)はアイルランドのナショナリズム運動に積極的に関わり、故郷であるメイヨー州キルティマーにゲーリックリーグ支部の創設を試みた。この本の中で彼女はバーミンガムを初めとする幾人かの著名なアイルランド人文学者たちとの交流を述べている。彼女は、バーミンガムがアイルランドのナショナリズム運動のリーダーはプロテスタントの植民者たちが務めるべきだと主張したが故に、バーミンガムに対しては批判的である。

Stephen Gwynn, Experience of a Literary Man (London: Thornton Butterworth, 1926)

スティーヴン・グイン(1864-1950)はアイルランドの政治家、ジャーナリスト、文学者であった。母方の祖父は1848年の青年アイルランド党蜂起の指導者ウィリアム・スミス・オブライエンであった。バーミンガムはオブライエンを『煮えたぎる鍋』(The Seething Pot, 1905)の主人公ジェラルド・ゲイガンの父親のモデルとして用いている。グインはこの小説におけるバーミンガムのウェストポートの的確な描写を賞賛する一方で、カトリック神父に関する憎悪に満ちた描写を批判し、バーミンガムはどのような反応が返ってくるかを覚悟すべきであったと述べている。グインの恐れは1906年9月にクレアモリスで行われたゲーリックリーグの集会で現実のものとなった。議長のマッケン神父が、翌年のコナハト支部文化祭の実行委員会からバーミンガムを排除する動議を提出した。グインは翌月のゲーリックリーグ幹部会議でマッケン神父を弁護し、その結果、バーミンガムは幹部を辞任することになる。グインはゲーリックリーグの内部では常に争いがあったと述懐している。

Commander C. H. Rolleston, Portrait of an Irishman: A Biographical Sketch of T.W. Rolleston (London: Methuen, 1939)

T.W. ロルストン(1857-1920)はアイルランドの詩人、翻訳家であった。彼の息子によって書かれたこの回想録は、ジョージ・ムーア、W.B. イエイツ、ジョージ・ラッセルそしてバーミンガムを含むアイルランド文芸復興のすべての名だたる作家たちは彼の父親にアドバイスと援助を求めにやってきたと誇らしげに述べている。また著者はバーミンガムと彼の父親がやりとりした手紙を紹介し、『煮えたぎる鍋』(The Seething Pot, 1905)と『ハイヤシンス』(Hyacinth, 1906)に関する彼の父親の好意的な批評が両小説の売り上げにかなり貢献したことに対してバーミンガムがどれほど感謝しているかを述べている。同時にT.W. ロルストンはかなり正直な人物であったようで、バーミンガムがジョージ・ムーアを『煮えたぎる鍋』の中である登場人物のモデルとして用い風刺的に描いていることを強く批判した。

Hilda Martindale, Canon Hannay As I Knew Him (London: Allen & Unwin, 1951)

ヒルダ・マーティンデイル(1875-1952)はイギリス、アイルランドの女性労働者たちの環境改善に一生を捧げた女性公務員であった。彼女はバーミンガムと個人的な知り合いで、この回想録の中でバーミンガムとの友情を振り返っている。 第2次世界大戦中、ロンドンがドイツの爆撃機から空爆を受けている間もバーミンガムは彼の教会で礼拝を続けたエピソードを紹介し、彼の深いキリスト教信仰を賞賛している。彼女はアイルランドでの彼女の仕事で困難に直面した時、彼女はバーミンガムの「私の経験では、本当の絶望を避ける唯一の望みはものごとのコミカルな面を見ようとする断固たる決意です。人間は皆何度も失敗を繰り返すものです。もし失敗から笑いの糧を見出すことができなければ人間はただ落ち込むだけです」という言葉に非常に勇気づけられた。

James Frederick Wynne Hannay, “Unpublished Autobiography” (in the 1970s)

著者ジェイムズ・フレデリック・ウィン・ハネイ(1906--1984)は、バーミンガムの4番目の子供であり末っ子である。ウェストポートで生まれ、家族とともにアイルランド、フランス、ハンガリー、イギリスと移り住み、最終的にはアメリカに移住し、ダラスで綿花売買を扱うビジネスマンとして成功を修めた。日本を始めとする数多くの国々を旅し、それらの国々で体験した出来事からは、著者の冒険心と独立心は父親譲りであったことがうかがえる。この未発表原稿は、孫でダラス在住のジェイムズ・オウエン・ハネイ氏が所有している。

A. Norman Jeffares, Macmillan History of Literature: Anglo-Irish Literature (Dublin: Gill and Macmillan, 1982)

著者ノーマン・ジェファーズのアイルランド文学に関する膨大な読書量には感心させられる。ジェファーズは、『荒野の賢者』(The Wisdom of the Desert , 1904)のような神学書同様に、『スペインの黄金』(Spanish Gold, 1908)、『ララジーの恋人』(Lalage’s Lover, 1911)、『アルスターの赤い手』(The Red Hand of Ulster, 1912)、『ジョン・リーガン将軍』(General John Regan, 1913)、『ウィッティー医師の冒険』 (The Adventures of Dr Whitty, 1913)、『オグラディ医師を呼べ』(Send for Dr O’Grady, 1923)、『女大公』(The Grand Duchess, 1924)、『黄金のリンゴ』(Golden Apple, 1947) 等のバーミンガムの小説を高く評価している。一流のアイルランド文学者によるバーミンガムの作品に対する賛辞は、彼の作品を読みたいという気持ちに読者をさせるだろう。

Roy Foster, Modern Ireland 1600-1972 (London: Allen Lane, 1988)

ナショナリズムの偏狭性を批判し、ユニオニズムの正当性を認めるアイルランド歴史修正論を唱えた 一冊。The Seething Pot (1905)とHyacinth (1906)の出版がもとで、バーミンガムがゲーリックリーグの理事会で糾弾され、幹部役員を辞めたことをナショナリズムの偏狭性の一例として挙げた。このフォスターの主張の正当性を巡って、1990年代、ブライアン・マーフィー とピーター・マリー を中心に論争が巻き起こった。「バーミンガムに関する研究論文・小論」のうちのBrian Murphy とPeter Murrayの項参照。

Judith Flannery, The Story of Delgany: Between the Mountains and the Sea (Delgany: Select Vestry of Delgany Parish, 1990)

バーミンガムは1888年から1892年までウィックロー州デルガニーに副司祭として滞在した。著者は、バーミンガムの自叙伝『麗しき土地』Pleasant Places(1934)のうちから幾つかの文章を引用しこの町におけるバーミンガムの生活を述べている。バーミンガムはこの自叙伝の中でアイルランドの政治に対する彼の関心は司祭としてウェストポートに移り住んだ後に始まったと述べているが、著者は、バーミンガムはデルガニーにいた頃から「ゲーリックリーグ以前のナショナリズム運動に深く関わっていた」と指摘する。著者はまた、クリケットクラブの創設と、司祭館の敷地内の読書室の創設をバーミンガムのこの町に対する貢献として挙げている。

J.F. Quinn, History of Mayo (Ballina: Brendan Quinn, 1993)

この本は5巻から成っており、第2巻の225ページから227ページがバーミンガムに関する記述で、その大部分がステーヴン・グイン(1864-1950)の『ある文学者の経験』Stephen Gywnn, Experiences of a Literary Man(1926)からの引用である。そして著者は、『煮えたぎる鍋』The Seething Pot(1905)と『ハイヤシンス』Hyacinth(1906)の出版の後にバーミンガムがゲーリックリーグ内部で経験したトラブルが彼が有名になるのを手助けしたとみなしている。

Seamus Deane, A Short History of Irish Literature (Notre Dame: University of Notre Dame, 1994)、北山克彦・佐藤亨訳『アイルランド文学小史』(国文社、2011年)

第8章「現代文学1940年から1980年」(“Contemporary literature 1940-80”) 中の226ページから227ページにかけて著者はバーミンガムについて論じており、『アルスターの赤い手』(The Red Hand of Ulster, 1912) を「北アイルランドのロイヤリストの孤立感を最もよく描いた作品」と称賛している。同意見の批評家たちは多く、2012年にはBBCラジオがこの小説に関する特別番組を放送した。

P.J. Kavanagh, Voices in Ireland: A Traveller’s Literary Companion (London: John Murray, 1994)

20世紀初頭のベルファストの社会状況を明示する代表作としてバーミンガムの『アルスターの赤い手』が、ルイス・マックニース、ジョージ・ブキャナン、G.K. チェスタトン、V.S. プリーチェット、フォレスト・レイドらの作品とともに紹介されている。またウェストポートとの関連で『ベネディクト・カヴァナー』(Benedict Kavanagh, 1907)と『ジョン・リーガン将軍』(General John Regan,1913) が紹介されており、著者の示唆に富んだ魅惑的な文章は、読者に、この二つの都市を訪れてみたいという気持ちにさせる。

Brian Taylor, The Life and Writings of James Owen Hannay (George a. Birmingham) 1865-1950) (Lewinston: Edwin Mellen, 1995)

これはバーミンガムに関する初めての評伝である。ダブリン大学トリニティ校古文書研究図書館所蔵の “Papers of J.O. Hannay” をフルに活用し、バーミンガムの私信はもとより雑文や神学書等の彼の著述に言及しながらバーミンガムの小説を論じている。ユーモア小説家バーミンガムと厳粛な聖職者ジェイムズ・オウエン・ハネイを均等にバランス良く論じ、ユーモアと厳粛さは同一の源から発していると強調している。またバーミンガム及び彼の家族のいくつかの貴重な写真を紹介している。

Don L.F. Nilsen, Humor in Irish Literature: A Reference Guide (Westport, USA: Greenwood Press, 1996)

これはアイルランドのユーモア文学作品とそれらの批評書に関する広汎で有益なガイドブックである。バーミンガムの『さてわたしにひとつ話して下さい-アイルランドのウィットとユーモアの話-』Now You Tell Me One: Stories of Wit and Humour(1927)が「アイルランドとアイルランド文学におけるユーモアに関する書誌」”The Humour of Ireland and Irish Literature Bibliography” の項目のうちで取り上げられている。しかし、バーミンガムを含むアングロ・アイリッシュの作家たちによるアイルランド人の性格描写は深みがないという著者の見解は正しくない。

Alan Marshall and Neil Sammells, eds., Irish Encounters: Poetry, Politics and Prose since 1880 (Bath: Sulis, 1998)

49ページから58ページの第6章「最高傑作の小説-ジェイムズ・オウエン・ハネイすなわちジョージ・A・バーミンガムとゲーリックリーグ」(“‘The Very Best Kind of Fiction’: James Owen Hannay, ‘George A. Birmingham’, and the Gaelic League”) の中で、アイリーン・レイリー (Eileen Reilly) は『煮えたぎる釜』(The Seething Pot, 1905)と『ハイヤシンス』(Hyacinth, 1906) の出版が巻き起こした論争について、バーミンガムとダグラス・ハイドの間でやり取りされた手紙の分析を中心に論じている。この二つの小説の重要性を明らかにした価値の高い論考である。

八幡 雅彦『北アイルランド小説の可能性-融和と普遍性の模索-』(溪水社、2003年)

20世紀初頭から現代に至るまでの北アイルランドの7人の小説家について論じている。第Ⅰ章「ジョージ・A・バーミンガムの政治小説とユーモア小説-プロテスタント・ナショナリズム、そして融和の追求へ―」において、 The Seething Pot (1905)、Hyacinth (1906)、The Northern Iron (1907)、General John Regan (1913)、The Adventures of Dr. Whitty (1913) を主に取り上げ、バーミンガムを紹介している。

Joan FitzPatrick Dean, Riot and Great Anger: Stage Censorship in Twentieth-Century Ireland (Madison: University of Wisconsin, 2004)

W.B.イェイツ、ジョン・ミリントン・シング、ショーン・オケイシーらアイルランド作家たちの演劇が巻き起こした騒動に関する研究書。Chapter 5の “The Riot in Westport; or, George A. Birmingham at Home” は、演劇General John Regan の1914年ウェストポート公演が巻き起こした暴動について論述している。

Frank Ferguson, ed., Ulster-Scots Writing: An Anthology (Dublin: Four Courts Press, 2008)

このアンソロジーは、スコットランド系アルスター人について書いた91人の作家の著作の抜粋集である。そのうちのひとつがバーミンガムの自叙伝『麗しき土地』(Pleasant Places, 1934)からの抜粋で、彼のベルファストの子供時代を述べた一節である。この中でバーミンガムは、ブッシュミルズ郊外のバリロックハウスに住んでいたスコットランド出身の祖父を訪れた時のことを述懐し、この祖父と父親がバーミンガムの性格形成に及ぼした役割について記している。スコットランド系アルスター人の著述に対する関心を高める優れたアンソロジーである。

川成洋 他・編『イギリス文化事典』(東京:丸善出版、2014年)

 

PAGE TOP
(2)バーミンガムに関する研究論文・小論
  • Hilda Anne O’Donnell, “A Literary Survey of the Novels of Canon James Owen Hannay (George A. Birmingham)”, MA thesis delivered to Queen’s University, Belfast, 1959.
  • R.B.D. French, “J.O. Hannay and the Gaelic League”, Hermethena, Trinity College Dublin, No.102, 1966, pp.26-52.
  • Therese Law, “The Fiction of George A. Birmingham”, Ph.D. thesis delivered to Trinity College, Dublin, 1967.
  • John Gibbons, “George A. Birmingham”, Cathair na Mart: Journal of Westport Historical Society, No.2, 1982, pp.23-26.
  • Brian Taylor, “Hannay, Humour and Heresy”, Lost Fields: a supplement to Fortnight, No.306, May 1992,  pp.16-18.
  • Tess Hurson, “Lost Tribes and Spanish Gold”, Lost Fields: a supplement to Fortnight, No.306, May 1992,  pp.18-20..
  • Eileen Reilly, “Rev. Canon James Owen Hannay, M.A. D.Litt. ‘George A. Birmingham’ An Irishman looks at his world”: Thesis for the Degree of M.A., Department of Modern History, St. Patrick’s College, Maynooth, July 1992
    http://eprints.maynoothuniversity.ie/view/ethesisdepartment/History.html
  • Brian Taylor, “George A. Birmingham and General John Regan: London, New York and Westport”, Cathair na Mart: Journal of Westport Historical Society, No.12, 1992, pp.90-112.
  • Andrew Gailey, “An Irishman’s World”, The Irish Review, Vol.13, Winter 1992, pp.31-39.
  • Peter Murray, “First Novels and Fierce Controversies: George A. Birmingham, The Seething Pot and Hyacinth”, Cathair na Mart: Journal of Westport Historical Society, No.12, 1992, pp.113-127.
  • Brian P. Murphy, “The Canon of Irish Cultural History: Some Questions Concerning Roy Foster’s Modern Ireland”, Studies: an Irish Quarterly Review of Letters, Philosophy and Science, Vol.82, No.326, Spring 1993, pp.171-184.
  • Peter Murray, “A Sectarian Skeleton in the Gaelic League’s Cupboard? Roy Foster, Brian Murphy and the Case of George A. Birmingham”, Studies: an Irish Quarterly Review of Letters, Philosophy and Science, Vol.82, No.328, Winter 1993, pp.481-486.
  • 八幡 雅彦「北アイルランドの二人のプロテスタント系小説家-ジョージ・A・バーミンガムとシャン・F・ブロック-」、日本アイルランド協会『エール』第13号、1993年、pp.100-109.
  • Brian Taylor, “Levity and Social Criticism: Some Comments on the ‘JJ’ Novels of George A. Birmingham, Studies: an Irish Quarterly Review of Letters, Philosophy and Science, Vol.83, No.331, 1994, pp.295-302.
  • Masahiko Yahata, “George A. Birmingham, Hyacinth (1906): What Turns a Patriot to an Exile”, Harp: IASAIL-JAPAN Bulletin, Vol.X, 1995, pp.8-13.
  • Masahiko Yahata, "General John Regan (1913): A Reappraisal of George A. Birmingham’s Humorous Fiction”、日本アイルランド協会『エール』第16号、1996年、pp.61-70.
  • Masahiko Yahata, “The Heroes' Broken Dreams for Ireland: A Study of George A. Birmingham's Early Political Novels”、日本アイルランド協会『エール』第17号、1997年、pp.102-115.
  • Masahiko Yahata, “George A. Birmingham, The Northern Iron (1907) and the 1798 Rebellion”, Harp: IASAIL-JAPAN Bulletin, Vol.XIV, 1999, pp.13-20.
  • Peter Murray, “Radical way forward or sectarian cul-de-sac?  Lindsay Crawford and Independent Orangeism reassessed”, Saothar 27: Journal of the Irish Labour History Society, 2002, pp.31-42.
    http://www.may.ie/nirsa
  • Masahiko Yahata, “Good Intentions Prevailing over Antagonism: George A. Birmingham’s Political Fiction and Humorous Fiction”、『別府大学短期大学部紀要』第24号、 2005年、pp.65-77.
    http://ci.nii.ac.jp/naid/110006141444
  • 宮本 節子「危機の時代の笑劇(1)-『アルスターの赤い手』(1912)、ジョージ・A・バーミンガム-」、『相模女子大学紀要A、人文・社会系』 70、2006年、pp.145-152.
    http://ci.nii.ac.jp/naid/110006829363
  • Masahiko Yahata, “Christian Virtues in Humour: A Reassessment of George A. Birmingham, General John Regan (1913)、『別府大学短期大学部紀要』第26号、2007年、pp.73-82.
    http://ci.nii.ac.jp/naid/110006427362

  • Masahiko Yahata, “George A. Birmingham, Spanish Gold (1908) and A Sea Battle (1948): What the Adventures of J.J. Meldon and Major Kent Mean”、 『別府大学短期大学部紀要』第27号、2008年、 pp.29-36.
    http://ci.nii.ac.jp/naid/110007043851

  • Gerard Dineen, “Literary Exhortations: The Early Fiction of George A. Birmingham”, a thesis submitted to the School of English at Trinity College, University of Dublin, in fulfillment of the requirements for the degree of Doctor of Philosophy, 2010.

  • Masahiko Yahata, “George A. Birmingham, General John Regan: A Hearty Wish for Reconciliation between Every Human Being, Cathair Na Mart: Journal of Westport Historical Society, No.30, 2011, pp.8-18.
  • Masahiko Yahata, “George A. Birmingham in the Gaelic League: The Stepping-Stone to a Universally Appealing Novelist, Cathair Na Mart: Journal of Westport Historical Society, No.31, 2012, pp.91-104.
  • 八幡雅彦「ジョージ・A・バーミンガムの小説『宥和策』-報われた「善意」と、「宥和策」が意味するもの」、『別府大学短期大学部紀要』、第33号、2014年、pp.49-59.
  • 八幡雅彦「ジョージ・A・バーミンガムの演劇『ジョン・リーガン将軍』再評価-ジョージ・バーナード・ショーとの関係を通して-」、『別府大学短期大学部紀要』第34号、2015年、pp.89-99.